契約書

はじめに


契約自体は口頭でも成立しますが

後々のトラブルを避けるためにも重要な契約は

文書として交わすことをお勧めします。

 

どういった場合に必要なのか?

  

その他、離婚協議書の作成や公正証書など

書き方のポイントなどをご紹介します。


こんなお悩み抱えてませんか?


  • 口約束だけではキチンと守られるかが心配
  • インターネットなどのテンプレートで作成したが大丈夫か心配
  • 急ぎ作成したいが、何を記載したらよいか分からない
  • 相手から契約書を渡されたが、内容がいまいち分からない など

また、離婚に際して財産分与・慰謝料・親権者・監護権者・養育費など

当初は履行されていても、後々になって不履行となる事案についてはトラブル防止のため

「離婚協議書」を作成することをおすすめいたします。

 

「離婚協議書」だけに限らず、より効力を求める場合には「公正証書」といった作成もあります。

少し手間と費用がかかりますが、内容によって選ばれるとトラブルの抑止力にもなります。

 

 

契約書によく使われる条項


契約の種類はさまざまです。内容によって異なりますが、ここでは代表的な条項をご紹介します。

  • 当事者の名前・生年月日・住所など
  • 契約締結日
  • 有効期間
  • 中途解約の可否
  • 秘密保持
  • 権利の譲渡禁止
  • 損害賠償
  • 不可抗力の免責
  • 契約終了後の残存条項 など

費用について(目安)


※上記金額はあくまで目安であり、状況や内容により異なります。

 また、別途、印紙等の実費が必要となる場合がございます。 

その他


契約書といってもさまざまな内容があり

また依頼内容も作成からチェックまでさまざまです。

 

内容によっては、個人的な内容もございます。

行政書士には厳格な守秘義務が課せられてますので

秘密が外部に漏れることなくご面談から配慮いたしますのでお気軽にご相談ください。

 

 

 


お問い合わせ


 

どうぞお気軽にお問い合せください!