会社設立

はじめに


会社を設立するには、基本情報やルールなどを決め

定款の作成・認証、その後資金を振り込み、法務局へ登記申請を提出し登記完了後にようやく設立と

さまざまな書類作成と作業が必要となります。

 

ここでは一般的な株式会社の設立に際し  

どんなことをしないといけないのかをご紹介します。 


株式会社設立(発起設立)の流れ


株式会社の基本事項を決める

  1. 商号を決める
  2. 事業目的を決める
  3. 本店所在地を決める
  4. 事業年度を決める
  5. 資本金を決める
  6. 出資者(設立時株主)を決める
  7. 株式譲渡制限の有無を決める
  8. 機関設計(役員構成)を決める など

定款を作成して公証人役場で定款認証を受ける

  • 定款作成
  • 公証役場で定款認証を受ける

役員の就任承諾書、資本金の払い込み

  • 役員の就任承諾書の作成
  • 代表取締役を置く場合には選定決議書の作成
  • 払込証明書の作成 など

その他の準備

  • 発起人および役員の印鑑証明書
  • 会社代表印(実印)の作成 など

法務局へ登記申請を行う

  • 登記申請書の作成
  • 印鑑届出書の作成

これで会社設立が完了します ※登記の申請日が設立日となります。

  • 申請に補正等が無ければ約1週間ほどで登記完了となります
  • 完了後は登記事項証明書、印鑑証明を取得し税務署や銀行などで手続き

費用について(目安)


上記のうち、登記申請書の作成・提出は司法書士の業務となります。ご希望の方は提携司法書士へお繋ぎしますが別途費用が必要となります。

※上記金額はあくまで目安であり、状況や内容により異なります。

 

    また、別途、印紙等の実費が必要となる場合がございます。  

その他


会社設立については

さまざまなルールや手続きが必要となります。

 

また、ややこしい定款の作成や、公証人役場や法務局へ出向く必要もあります。

 

こういった手間をかけたくない方は

当事務所までお問い合せください!

 

 


お問い合わせ


 

どうぞお気軽にお問い合せください!